痛みを少なくする、感じさせない治療への取り組み

歯科治療を受けるときの「痛み」について考えると、誰もが身構えてしまうかもしれません。外科的処置を施すことが多い歯科治療では、どうしても避けられないものでしょう。

「痛み」は、患者様の身体的負担となるだけでなく、歯科医院を受診するときの心理的な障壁になってしまいます。ひいては、お口の健康を損なうことにも。これらの問題を受けて、近年、歯科医療現場ではさまざまな痛みを軽減する方法、感じさせない方法が登場しています。

練馬区光が丘駅から徒歩5分の歯医者「さくま歯科医院」では、患者様に安心して治療に臨んでいただけるよう、痛みの少ない治療への取り組みを行っています。これまでに受けた治療で痛みを感じ、歯科治療に対して抵抗感がある方には、特に配慮して診療にあたらせていただきます。「痛い」「こわい」といったイメージが強い方は、スタッフに遠慮なくお伝えください。できる限り、痛みを感じさせないよう工夫いたします。

レーザー治療を採用

痛みを感じさせない治療機器に、レーザー治療器があります。当院では、CO2レーザーとYAGレーザーの2種類のレーザーを、あわせて3台導入しています。局所的に集中して照射したり、組織表面の水分だけに反応させたりと、照射の仕方を適切にコントロールすることでさまざまな治療シーンで活用しています。

レーザーの効果

レーザーを使った処置には、次のような効果が期待できます。

消炎効果 鎮痛効果 止血効果
殺菌・消毒効果 治癒促進効果 歯質強化
レーザーで対応できる治療
虫歯治療 歯を削ったり、虫歯菌を殺菌したり、歯質強化などにも使用できます。虫歯の感染部位だけに集中的に照射することで、歯を削る量を最小限に抑えることもできます。
知覚過敏 露出した象牙質に照射することで、神経に通じる微細な穴を塞ぎ、知覚過敏の痛みやしみる症状を緩和します。
根管治療 内部(神経)まで達した虫歯治療の根管治療において、根管内の殺菌を適切に行います。
歯周病治療 歯周ポケット内部に照射することで、奥深くに潜む病原菌を殺菌します。また、歯肉の治癒を促進させたり、切開時の出血を最小限に抑えたりします。当院では、レーザーを使った特殊な歯周病治療法「ペリオウェイブ」も採用しています。
ホワイトニング 歯科医院で受けるオフィスホワイトニングでは、薬剤を塗布した歯にレーザー光を照射して歯を白くします。
メラニン除去 歯ぐきの黒ずみに照射して代謝を促進し、健康的なピンクの歯肉にします。
口腔外科治療 顎関節症の痛みの緩和に使用します。また、口内炎・口角炎、できものなどに直接照射することで、痛みや炎症を抑えます。

ページの先頭へ戻る