痛みの少ない治療

できるだけ「痛くない治療」に取り組みます

できるだけ「痛くない治療」に取り組みます

歯科治療に「痛いイメージ」はありませんか?たしかに以前の歯科治療で「痛い」経験をした方もいらっしゃるかもしれません。しかし歯科医療技術の進歩にともない治療の痛みはかなり抑えられるようになってきています。「痛いかもしれない」と思うと、お口のトラブルに気づいても歯科医院への通院を先延ばしにしたくなるのも無理もありませんが、虫歯も歯周病も早期発見・早期治療が大切です。悪化させてしまうと、治療の負担が増えてしまいます。

ご家族そろって通いやすい、練馬区光が丘駅の歯医者「さくま歯科医院」では、さまざまな工夫によりできるだけ「痛くない」治療をご提供します。とくに「痛い」「こわい」イメージが強い方は、遠慮なくスタッフにお伝えください。患者様の立場に立って、できるだけ痛みを感じないよう工夫をいたします。

マイクロスコープを活用した
できるだけ削らない治療をご提供します

マイクロスコープを活用したできるだけ削らない治療をご提供します

マイクロスコープとは歯科治療用の拡大鏡です。小さい部位の細かい処置が連続する歯科治療ですので、裸眼では患部を細部まで捉えきれません。マイクロスコープを活用すれば、治療部位を大きく拡大して見ながら処置ができるので、虫歯に汚染された部分だけを削ることができます。健康な歯質を削りすぎることもありません。また、虫歯部分の取り残しも防げるので、再発と再治療のリスクを大幅に抑えられます。マイクロスコープの活用により治療の精度が高まるので、削り過ぎや再治療のリスクを減らすため、トータルな意味での痛みの軽減につながります。

麻酔時の痛みを抑える工夫をしています

治療時に痛みを感じないように麻酔をしますが、その麻酔注射が苦手な方がいらっしゃいます。注射が苦手な方も安心していただけるように、麻酔時の痛みを抑えています。

表面麻酔の使用

表面麻酔の使用

細い注射針の使用

細い注射針の使用

注射の針を刺すときの「チクッ」とする痛みを抑えるために、まず歯ぐきに表面麻酔を塗ります。塗るだけなので、まったく痛くありません。そして注射する部位の歯ぐき表面の感覚をマヒさせます。 注射針は細ければ細いほど痛みが小さくなります。当院では歯科治療で使用できるもっとも細い注射針を使用して、痛みを軽減します。

電動麻酔器の使用

電動麻酔器の使用

針を刺す角度の工夫

針を刺す角度の工夫

注射液を注入する際に、注入速度にムラがあると、「圧痛」として痛みを感じます。電動麻酔器を使用すれば、一定の圧力と速度で麻酔液を注入できるので、痛みを抑えられます。 歯ぐきには痛みを感じやすい部位と感じにくい部位があります。当院では注射針を刺す位置や角度、深さに気を配り、できるだけ痛くない注射をいたします。

レーザー治療で痛みをできるだけ抑えます

レーザー治療で痛みをできるだけ抑えます

レーザー治療はさまざまな処置に活用できるうえ、ほとんど痛みを感じさせない治療機器です。当院では、CO2レーザーとYAGレーザーの2種類のレーザーを、あわせて3台導入して、局所的に集中して照射したり、組織表面の水分だけに反応させたりと、照射の仕方をコントロールしてさまざまな治療シーンで活用しています。

レーザーの効果

レーザーを使った処置には、次のような効果が期待できます。

・消炎効果 ・鎮痛効果 ・止血効果 ・殺菌・消毒効果 ・治癒促進効果 ・歯質強化

レーザーで対応できる治療
虫歯治療 歯を削る、虫歯菌を殺菌する、歯質を強化するなどにも使用できます。虫歯の感染部位だけに集中的に照射すれば、歯を削る量を抑えられます。
知覚過敏 露出した象牙質に照射して、神経に通じる微細な穴を塞いで、知覚過敏の痛みやしみる症状を緩和します。
根管治療 内部(神経)まで達した虫歯治療の根管治療で、根管内の細菌の殺菌を行います。
歯周病治療 歯周ポケット内部に照射して、奥深くに潜む病原菌を殺菌します。また、歯肉の治癒を促進させ、切開時の出血を抑えます。当院では、レーザーを使った特殊な歯周病治療法「ペリオウェイブ」も採用しています。
ホワイトニング 歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、薬剤を塗布した歯にレーザー光を照射して色素分解を促進させ歯を白くします。
メラニン除去 歯ぐきの黒ずみに照射して代謝を促進し、健康的なピンクの歯肉を取り戻します。
口腔外科治療 顎関節症の痛みを緩和します。また、口内炎・口角炎、できものなどに直接照射して痛みや炎症を抑えます。