予防処置
~虫歯や歯周病を防ぐために~

虫歯も歯周病も治療よりも予防が大切です

虫歯も歯周病も治療よりも予防が大切です

お口の2大トラブルの虫歯歯周病も、お口の中のプラーク(歯垢)や歯石に含まれる細菌による感染症です。発症と進行のメカニズムがわかっているので、適切なケアにより予防が可能です。「でも、毎日ブラッシングしているのに虫歯になった」という方もいらっしゃるでしょう。それはセルフケアだけではお口の汚れを落としきれていないからです。

虫歯も歯周病も治療よりも予防が大切です

虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。再発させてしまい、再治療となるとお口の健康がどんどん損なわれていってしまいます。そうならないように、練馬区光が丘駅徒歩5分の通いやすい歯医者「さくま歯科医院」が力を入れているのが、定期検診・メンテナンスによる予防処置です。「かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所」として地域の皆さまのお口の健康をサポートいたします。

当院は「かかりつけ歯科医療機能
強化型歯科診療所(か強診)」です

当院は「かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所(か強診)」です

「かかりつけ歯科医療機能強化型診療所(か強診)」とは、地域の中で継続的に患者様のニーズに対応する安心・安全な歯科保健医療をご提供する歯科医院で、虫歯や歯周病、そして口腔機能低下の重症化を予防することに重点を置く「かかりつけ歯医者」です。

当院は「かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所(か強診)」です

これまで、ごく初期段階の虫歯「脱灰」の処置としてフッ素塗布を行う際には、3カ月以上の期間を空けなければ保険請求ができませんでした。しかし平成28年度の「か強診」の改訂から、フッ素塗布は口腔内カラー写真の撮影による評価を行えば、フッ素塗布が毎月保険請求できるようになりました。また歯周病の管理でも、患者様への管理計画書の提出により管理処置が毎月保険請求できるようになったのです。3点目として、在宅の患者様に対する口腔ケア・口腔リハビリテーションの指導管理にも保険請求ができるようになりました。

担当衛生士が患者様のお口の健康をサポートします

担当衛生士が患者様のお口の健康をサポートします

お口のトラブル予防の基本は、毎日のブラッシングです。お口の汚れをしっかり落とせば、細菌の巣のプラークや歯石が付着しないので、虫歯にも歯周病にもかかりません。しかし、お口のすみずみまで、汚れを残さずにブラッシングをはじめとするセルフケアができる方はなかなかいらっしゃいません。そこで加えていただきたいのが、定期的なプロフェッショナルケアです。当院では定期検診をおすすめしています。その際には口腔ケアの専門家である歯科衛生士がお口の中をチェックし、歯のクリーニングをいたします。当院でのメンテナンスを受けている方は月に800人ほどいらっしゃいます。

担当衛生士制とは?

担当衛生士制とは?

当院では患者様のデンタルケアは、担当歯科衛生士が行います。いつも同じ歯科衛生士がお口の中をきれいにしますので、少しの変化も見逃しません。専門的な器具を用いて、セルフケアでは落としきれないお口の汚れを徹底的に除去します。

顔見知りの歯科衛生士なら、気になることなどを話しやすいのではないでしょうか?歯のクリーニングは痛みをともなわず、お口の中がさっぱりします。虫歯や歯周病、口臭の予防や早期発見・早期治療につながりますので、積極的な活用をご提案します。

予防メニュー

  • 定期検診

    定期検診

    担当の歯科衛生士が定期的にお口の中をチェックします。みがき残しがある場所や初期段階の虫歯や歯周病の有無を確認し、早期発見・早期治療につなげます。

  • PMTC

    PMTC

    専用の器具を使用した歯のクリーニングです。歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝など、毎日のセルフケアではなかなか落とせない部位の汚れを徹底的に除去します。お口の中がさっぱりして、口臭予防にもつながります。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    お口のトラブルの予防や治療の基本は毎日のブラッシングです。歯の生え方、汚れの残り方などをチェックしてお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。必要に応じて歯ブラシの選び方やデンタルフロスや歯間ブラシの使い方もご説明します。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    フッ素には、歯の再石灰化を促し、歯質を強化するはたらきが期待できます。そのフッ素を歯面に塗るのです。細菌の活動を抑制するはたらきもありますので、虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

Pickup キシリトールガムで歯を守る

Pickup キシリトールガムで歯を守る

砂糖に含まれる糖分は虫歯菌のエサで、虫歯菌が出す「酸」が歯を溶かします。虫歯予防のためには糖分を含む甘い物を控えることがおすすめですが、それではおやつが味気なくなってしまいます。そこでおすすめなのがキシリトールなどの糖分を含まない甘味料です。キシリトールガムを噛むと、唾液の分泌につながり、お口の汚れを洗い流し、再石灰化を促します。虫歯予防のために、甘い物が食べたくなったときは、キシリトール入りのおやつを取り入れてみることをご提案します。